MENU

    UMIDIGI製 激安スマートウォッチ 【UWatch】設定方法とレビュー

    UMIDIGI製UWatch

    3,000円で買えるUMIDIGI製の格安スマートウォッチUWatchの基本スペックと使用して分かったことを紹介します。

    関連記事

    UMIDIGI UWatch2 初代との比較と実機レビュー


    目次

    UMIDIGI(ユミディジ)とは?

    中華メーカーで、ヨーロッパ、東南アジア、南アジア、中東、アフリカなどの20ヶ国以上で、スマートフォン類を提供している世界的なブランドで、主にAndroidスマートフォンの販売に力を入れています。

    またAmazonジャパン内に公式ショップを作っていて、日本向けの販売に力を入れているメーカーです。

    特に2018年に頭角を現して、激安価格なのにデザイン性に優れ機種性能が高いことで日本でも知名度を上げました。

    先日私もコスパ最強スマホのUMIDIGI A3を購入しましたが、あまりの出来の良さにUMIDIGIのファンになってしまいました。今後もUMIDIGI製品には注目していきます。

    UMIDIGI A3

    1万円の【UMIDIGI A3 レビュー】SIMフリースマートフォンがコスパ最強すぎた!

    1万円で買える中華製スマホのUMIDIGI A3は、見た目も高級感が溢れ、性能も文句なしの一台です!魅力たっぷりのUMIDIGI A3の解説をしています。

    UMIDIGI製 激安スマートウォッチ 【UWatch】とは?

    そんなUMIDIGIが発売したスマートウォッチが、UWatchです。なんと3,000円以下!!

    このスマートウォッチもUMIDIGIらしく、格安でデザイン性に優れ高性能のコスパの高いスマートウォッチに仕上がっています。

    UWatch基本スペック(公表値)

    ブランドUMIDIGI
    カラー/重量Milaneseブラック2(鋼ベルト)/68g
    Sportブラック(シリコンベルト)/59g
    サイズ直径:43.8mm
    厚さ:12mm
    ストラップ幅:22mm
    電池180mAh
    入力電圧/電流5V/90mAh
    バッテリー寿命待機時間:約25日
    通常使用:約10日
    Bluetooth/対応OSBluetooth 4.0 /Android 4.4 / IOS 9.0(より高いバージョンもサポートします)
    防水生活防水
    付属品スマートウォッチx1
    充電ケーブルx1
    取扱説明書x1

    UWatchの特徴

    必要最小限の機能に絞り低価格を実現しています。
    UMIDIGIの製品の特徴である、外見の美しさも健在です。

    バッテリーの持ちが長いのも特徴で、一回の充電で1週間以上は使用できます。

    基本的にはスマホの補助的な役割りですので、UWatchとスマホをセットで使用することになります。

    私はUMIDIGIのスマホとこのスマートウォッチをペアで使うことにしました♪

    UMIDIGIスマホとスマートウォッチ

    開封

    初めてのスマートウォッチですのでドキドキです♪私は鋼ベルトタイプを購入しました。マグネットでパチっと留めるタイプです。

    筐体は完全メタルボディーですので、バンドも鋼タイプにすることで完全メタルボディースマートウォッチとなります。

    箱と中身

    UMIDIGI製UWatchの箱
    UMIDIGI製UWatchの箱開封
    UMIDIGI製UWatchの箱開封

    はい、シンプルな箱です。スマートウォッチ本体と充電ケーブルと日本語対応説明書が入っています。

    UMIDIGI製UWatchの裏側

    時計本体の裏には何かセンサーが付いています。心拍数を計測するためのものでしょう。心拍数を測るときに緑色の光がビカビカビカ!っと放射されているのを確認しました。

    充電関連

    UMIDIGI製UWatchの充電ケーブル

    専用の充電ケーブルです。失くさないように気をつけないと…

    UMIDIGI製UWatch充電

    マグネットでピタッとくっつけて充電をするようになっています。

    使用方法

    スマホにアプリ「Da Fit」をインストール

    Da Fit

    iPhoneかAndroidスマホのどちらでも使用できます。
    OSバージョンは、Android 4.4以上、IOS 9.0以上で使用できます。

    iPhoneですと、標準のヘルスケアアプリとも連動するようです。

    UWatchとスマホをBluetooth接続する

    UWatchとスマホをBluetooth接続
    UWatchとスマホをBluetooth接続

    接続は、Da Fitアプリ内の「デバイスの検索」から行います。とても簡単です。

    アップグレード

    UWatch本体にアップグレードデータがあると思います。Da Fit内の設定から、まずは最新の状態にしておきましょう。

    各種機能の設定

    各種設定はDa Fitアプリから行います。取り急ぎ必ず設定しておいたほうが良い項目だけを紹介します。

    文字盤の設定

    文字盤設定



    文字盤は、デフォルトで3種類です。オリジナル画像を使用することも出来ます。3,000円のスマートウォッチでオリジナル画像が使えるのも特徴です。

    通知の設定

    通知の設定



    各種アプリの通知のON/OFFを選べます。
    UWatchで通知を見ることはできますが、返信をすることは出来ません。あくまで通知を受け取ったり、届いたメッセージを読むだけです。

    天気の設定

    天気の設定



    自分の住まいの地域を入れれば、今日と翌日の天気や気温が分かります。

    UWatchでできること

    実際に一週間使用してみての感想も交えながら、UWatchで出来ることを解説します。

    通知の受信と確認

    通知画面



    スマホをポケットやバッグに入れていても、UWatchで通知の確認ができます。

    確認できる項目は、

    • 電話
    • メッセージ(iOS)
    • Facebook
    • Twitter
    • WhatsAPP
    • Skype
    • Instagram
    • LINE
    • KakaoTalk
    • WeChat
    • その他

    WhatsAPP、KakaoTalk、WeChatは海外で利用者が多いLINEのようなサービスですので、日本では利用者は少ないと思います。

    主に使うのは、電話とLINEでしょうか。

    電話は通話はできませんが、会議中などに電話に出られないときは、メインボタンを長押しをすることで簡単に拒否できます。

    LINEの通知は、スマホを開かなくてもメッセージを読むことができて便利です。

    心拍数測定

    心拍数測定



    心拍数測定は、好きなときに測定することも、自動で定期的に測定することも出来ます。
    血圧が測れないのは残念ですが、手軽に体の状態を把握ができて良いと思います。

    運動中の心拍数を測定することも出来ます。運動の種類は下記の中から選べます。

    • 歩く
    • ランニング
    • 自転車
    • 縄跳び
    • 羽球
    • サッカー
    • バスケ
    運動心拍数測定

    睡眠の管理

    睡眠の管理

    原理はイマイチ分かりませんが、自動で睡眠を計測してくれます。

    分かることは、

    • 寝た時刻
    • 起きた時刻
    • 眠りの深さ、浅さの時間
    • 同じ年齢層との比較
    • 内部カレンダーに記録

    などです。

    私なりに調査した結果、眠りについた時刻はほぼ正確に記録されていました。

    起きた時間はズレが出ている日も時々ありました。おそらく一度目が覚めてから、それでもだらだらと寝続けたときに、そこで起床したと判断されているように思います。

    結果として確実な時間ではありませんが、おおよそでは合っていますので、自分の睡眠状態を把握するのに良いと思います。

    歩数の管理

    歩数の設定

    歩数はおそらく、身長から割り出した歩幅と、移動距離から計測されていると思われます。ですので歩数自体は大まかな数値になると思います。

    歩幅の数値は変更できますので、少しでも正確な歩幅を計測さたい場合は、自分の歩幅を測って調整すると良いと思います。

    歩数管理画面内で、消費カロリー・移動距離・時間も確認できます。

    天気

    天気

    当日と翌日の天気と気温が確認できます。
    ちょっと明日の天気が知りたいときに、すぐに確認できて便利です。

    遠隔撮影

    遠隔撮影

    スマホのシャッターのリモコンとして使用できます。
    集合写真等の撮影で便利です。

    リモート音楽

    リモート音楽

    私はスマホでAmazonミュージックを聴いていますが、そのような音楽のリモコンとして使用できます。

    再生、停止、次曲頭出し、前曲頭出し

    の簡単な操作ができます。

    ストップウォッチ

    頻繁には使わないと思いますが、ストップウォッチとして使用できます。

    アラーム

    目覚まし時計としても使用できます。…が、振動で知らせてくるのですが、熟睡しているときは気付きません…

    座りリマインダー

    動かずに座りっぱなしでいると、通知が入り運動することを勧められます。

    使用感レビュー

    日本語が変

    アプリの日本語が少し変ですがニュアンスで分かると思います。

    バッテリーについて

    Amazonレビューを見ますと、バッテリーが持たないと言う人もありますが、私の場合ははじめにフル充電して1週間が経った今も、50%以上のバッテリーが残っています。

    もしもすぐにバッテリーが切れるのであれば、初期不良の可能性がありますので、すぐに購入元に連絡をされると良いと思います。

    外観

    3,000円以下とは思えないデザインです。私も実際にいろいろな人に見せましたがなかなか好評でした。

    コスパ

    3,000円以下のスマートウォッチで、これだけのことができれば十分です。

    Apple Watchとの比較

    Apple Watchと比較するのもおかしな話かもしれませんが、Apple Watchが5万円するのに比べて、わずか3,000円で買えるというのが最大の魅力でしょう。

    またApple Watchが高性能が故に、バッテリーが一日ほどしかもたないのに比べて、このUWatchは一週間ほどはもちます。

    この2点がApple Watchに勝っていることです。

    まとめ

    やはり3,000円でこれだけのことができて、デザインも美しいことが特徴です。

    スマートウォッチの入門機としてもお勧めです!!

    Uwatchシリーズ関連記事

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる