MENU

    GPSの無いWi-FiモデルiPadをカーナビにする方法

    Wi-FiモデルiPad

    今回はGPS機能が付いていない、iPadのWi-Fiモデルをカーナビとして使う方法を紹介します。(第6/7/8世代 iPad 2018/19/20年モデル対応)

    iPod touchも同じ方法でカーナビとして使用することができます。

    Wi-FiモデルiPadをカーナビにするには、

    ・GPS機能を付ける
    ・カーナビアプリの導入

    の2点が必要になります。

    Wi-FiモデルiPadにGPSを付ける方法

    iPadにGPS機能を搭載する方法はこちらの記事で解説しています。

    iPadにGPSを付ける

    GPSの無いiPad Wi-FiモデルにGPS機能を付ける方法

    GPSが使えないWi-FiモデルのiPadで、GPS機能を付ける方法と活用方法を紹介します。(iPod touchでも同様の方法が使えます。)

    目次

    カーナビアプリの導入

    iPadにGPS機能を付けることができたのなら、次はカーナビアプリの導入となります。

    モバイルWi-Fiをお持ちの方

    もしあなたがモバイルWi-Fiをお持ちでしたら、iPadの純正のマップアプリGoogleマップYahooカーナビなどの無料アプリを使えば、iPadがカーナビとして使えます。

    Googleマップのオフラインマップを使用(2019年12月4日追記)

    Googleマップでオフラインマップが使用できるようになりました。

    オフラインマップダウンロード

    九州全体をダウンロードしているところ


    オフラインマップとは、iPadに地図データをダウンロードして、その範囲内であればオフラインでもルート検索ができますので、カーナビとして使用することができます。

    あらかじめWi-Fi環境があるところで、使用したいエリアのマップをiPadにダウンロードしておけば、オフライン環境でも店舗・スポット検索やルート検索が使用できます。

    当然ですが、オンラインで使用できる渋滞状況などは反映されません。

    有料アプリでも構わない方

    オフラインでも使える有料のカーナビアプリもあります。

    もしカーナビアプリに年額5,000円前後(月額500円前後)を遣っても良いのであれば、有料のカーナビアプリを使えば、あなたのiPadは車載カーナビに劣らないカーナビが使えるようになります。

    有料のカーナビアプリは、定期的なマップデータの更新もありますし、自動車用のカーナビと同様の機能が使えます。

    お勧めの有料カーナビアプリ

    カーナビタイム
    カーナビタイム

    実際に私が利用しているアプリです。MAPLUSという私が一番愛用しているカーナビアプリもあるのですが、2019年でサービス終了とのことですのでここでは省きます。

    他にもオフラインで使用できるカーナビアプリはありますので、AppStoreで探してみてください。

    カーナビタイムの詳細

    • 料金
      月額600円もしくは年額5,700円
    • 便利機能
      • オフラインで使用できる
      • 音声での案内
      • 交差点の3Dイラスト画像
      • ボイスコントロール
      • 渋滞予測情報
      • 多彩なルート検索
      • オービス通知
      • スポットアイコン
      • ポイントが貯まる
      • 車高・車幅考慮のルート検索可能
      • 背景テーマ変更

    など、数万円するような車載のカーナビと同様の機能があります。車で移動することが多い方は料金以上の価値があると思います。

    無料のMAPS.ME

    無料のオフラインカーナビアプリもあります。

    • 2019年12月4日追記
      しかしGoogleマップでオフラインマップが使用できる現在は、あえてこのアプリを使用する必要はないのかなと思います。

    無料のカーナビアプリとして、MAPS.ME(マップス・ドット・ミー)というものがあります。

    これは世界中の人が協力して、地図を作成して更新を続けているマップアプリです。

    MAPS-ME
    オフラインのマップ、GPS ナビゲーション:MAPS.ME

    MAPS.MEの特徴

    • 完全無料
    • オフラインで使用可
    • 海外でも使用できる
    • 日本語対応
    • キーワード検索・カテゴリー検索
    • 場所をお気に入り登録

    基本的な使い方は簡単で、アプリを立ち上げてから必要な地域のマップをダウンロードすれば完了です。

    しかし無料であるが故のデメリットもあります。

    Maps.Meのデメリット

    目的地の検索機能が弱すぎます。

    検索できるのは飲食店、ホテル、観光名所、公共交通の施設など大きなスポットのみです。

    住所検索では●●県●●市までしかできません。

    ですのでカーナビとして使うためには、予め目的地を登録(ブックマーク)しておく必要があります。

    少し高度なテクニックとしては、Googleマイマップでよく行く地点を複数登録しておいて、そのデータをMaps.Meで一括して読み込んで一括登録をする事もできます。

    不便な面もありますが、オフラインで無料で使えるカーナビアプリとしては貴重な存在だと思います。

    まとめ

    以上が、GPSの無いWi-FiモデルのiPadをカーナビとして使用する方法です。

    すべてのiPadシリーズ、iPad miniシリーズ、iPod touchで使える方法です。

    せっかく買ったiPadですから、いろんなことに有効活用したいものですね。

    iPadにオススメのタブレット車載ホルダー

    iPadをドライブ中にカーナビとして快適に使うには、ダッシュボードに固定する必要があります。

    iPadで使える車載ホルダーのレビューを紹介しています。
    iPad・タブレット用の車載ホルダーは安定感重視でこれを買え!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる