密かに大人気のChromebookのメリットとデメリットをまとめてみた

Chromebook

最近は、外出先でパソコンを使うことが多くなり、「手軽に持ち運べてさっと出してさっと使えるパソコンが欲しいな…」

と、考えるようになりました。

やはり小型ノートPCのGPD Pocket2 で確定か…と思っていました。

うーん…しかしWindows10ばかりじゃ面白くないし…だからといってMac系は高いし…

そんな中で候補に上がったのが、Chromebookでした。

そんなわけでChromebookの購入を決意したので、詳しく調べてみました。


Chromebookとは

Googleが開発しているオペレーティングシステム「Google Chrome OS」を搭載しているノートパソコンのシリーズである。

基本的にはブラウザのGoogle Chromeでだけ作動するOSで、インターネット環境が不可欠となっています。ブラウザ上でだけ使用できるPCだということです。

しかし考えてみれば、PC作業の殆どはブラウザでやることが多くない?

更にGoogle Chrome用のアプリも多くありますので、それらのアプリを併用することで、便利に使用することができます。

写真の取り込みだってGoogleフォトで同期すれば問題ないし、エクセルだって簡単なものならGoogleスプレッドシートで問題ありませんし。

また、最近のChromebookは、androidアプリも使用できるので、それらのアプリを併用することで更に更に便利に使用することができます。

EvernoteやDropboxだってandroidアプリで使用できるはず!エクセル・ワードだって、androidアプリがあるから快適に使えるはず!

てか、Chromeアプリとandroidアプリがあれば、殆どのことができるんじゃね!?

日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカではかなり人気のOSとなっています。

日本でも、Chromebookを愛用している人のブログをいろいろと読んでみると、かなり使いやすくて虜になっている人も多いようです。


Chromebook5つのメリット・デメリット

5つのメリット

1.とにかくサクサク動いて起動も爆速

基本的にGoogleChromeブラウザのみでの使用ですので、使用時もサクサク動きます。

WindowsPCを使おうとした場合、起動させて使えるようになるまで時間がかかりますよね。

しかしChromebookですとほんの数秒で起動することができ、さっと使い始めてさっと閉じることができます。

2.安い

GoogleChromeブラウザが使用できれば良いので、高いスペックは必要ありません。

またデータの保存もクラウドで行うので、大容量のストレージも必要ありません。

ですので本体価格がWindowsPCに比べて低価格となっています。3万円もあればサクサク動くPCが買えるという魅力があります。

3.セキュリティソフトが不要

Chrome OSにはGoogleによるウィルス対策ソフトウェアが内蔵されています。

セキュリティのバッチ修正もブラウザの更新と同時に行われているので、別途セキュリティーソフトをインストールする必要がありません。

4.バッテリーが長持ち

CPUやメモリーなどへの負担が少なく動作が軽快で電力消費も少ないので、バッテリーも長持ちします。

5.永く使える

Chromebookは高いスペックが必要ありませんので、発売から数年経ったものでも問題なく使えるようです。

買い替えの頻度が少なくて住むのは助かりますね♪

デメリット

1.ネットに繋がってなければただの箱

インターネット環境がなければ使用がかなり制限されます…

しかしそれも昔の話かな…!?だってandroidアプリは使用できるのではないでしょうか?

実際にChromebookを購入してから検証してみます!


2.WindowsやMacのアプリは使えない

当然ながら、MacやWindowsのアプリは使えません。PhotoshopなどのPCソフトを使用した作業がメインの方には向かない機種ですね…

3.WindowsやMac用の周辺機器が使えない

DVDドライブやマウスは問題なく使えるようです。

しかし周辺機器のドライバが自由にインストールできませんので、Windowsやマックのように、プリンターやデジカメやスキャナーなどの周辺機器を簡単に繋げることはできません。

4.ChromeOSの情報が少ない

WindowsやMacのさまざまな活用方法は、Web上や書籍でも溢れていますが、ChromeOSの情報は多くはありません…

よし!このブログがChromebookの情報の第一線をいけるように頑張ってみよう!

5.いろいろと不自由

まあ、いろいろと不自由な面も多いようです。しかしその不自由さも楽しんで使用していこうと思います♪

不自由な点を、アプリやWebサービスを使ってクリアできれば、それはそれできっと楽しいでしょうから♪



まとめ

Chromebookは、Googleのサービスを活用できるかがキモのようです。

  • Webブラウザ Google Chrome
  • メール閲覧ソフト Gmail
  • データ保管サービス Googleドライブ
  • 文書作成ソフト(Word) Google ドキュメント
  • 表計算ソフト(EXCEL) Google スプレッドシート

その点では私はGoogle信者でもありますので、使いこなせる自信はあります。

でもandroidアプリが使えるなら、これらも状況が変わる気がする…


Chromebookは、人によってはメイン機にもなるでしょうし、サブ機として活躍するかもしれません。それぞれのニーズに合わせた使用方法で活躍してくれると思います。

現行のChromebookの中で一番人気があるのは、ASUS Chromebook C101PAのようです。

10インチでコンパクトで、タブレットとしても使用できるモデルです。

私もこれを買おうかと悩みましたが…

結局は別のChromebookを注文しました♪それについては後日レビューをします。


コメント


認証コード7353

コメントは管理者の承認後に表示されます。