オフラインでもGoogleマップをカーナビとして使う裏ワザって知ってる?【日本国内】


Googleマップ

自動車でのお出かけで便利な無料アプリのGoogleマップですが、オンラインでないと使えないというデメリットがあります。

しかしある裏技を使えば、オフラインでもGoogleマップをカーナビとして使えるようになります。



ネットの常時接続がない端末

Wi-FiモデルのiPadiPod touchでは、SIMカードが挿せませんので常時ネット接続がありません。

ですのでモバイルWi-Fiルーターが無ければ、Googleマップをカーナビとして使用することができません。

海外の一部地域ではGoogleマップの地図をDLして、オフラインで使用できるようですが、日本国内では未対応なので使えません‥大人の事情でもあるのでしょうか‥

しかし今回の裏ワザを使えば、Wi-FiモデルのiPadiPod touchでもモバイルWi-Fiルーターが無くても、Googleマップのカーナビ機能が使えるようになります。

今回の裏ワザではGPS機能は必要ですので、GPS機能が付いていないWi-FiモデルiPadやiPod touchでは、それにGPS機能を付ける必要があります。

GPS機能を付ける方法は下記記事で紹介しています。
GPSの無いiPad Wi-FiモデルにGPS機能を付ける方法 【iPod touch対応】


オフラインでGoogleマップをカーナビとして使う手順

実はやり方は簡単です。手順は下記の通りです。

  1. オンライン環境でルート検索をする
  2. カーナビをスタートさせる
  3. そのまま持ち出す

たったこれだけです。実はGoogleマップではルート検索をスタートさせると、その後はオフラインでもルート案内は続くのです。

【動画】オフラインでGoogleマップをカーナビに

未編集の動画です。近日中に分かりやすく編集して再アップします。

動画の解説

  1. セブンイレブンの無料Wi-Fiスポットでルート検索
  2. カーナビスタート
  3. 機内モードにしてオフライン
  4. 案内スタート


オフラインでGoogleマップを使用時の注意点

オフラインでGoogleマップを使用する場合に、2つの注意点があります。

別のアプリに切り替えない事

この方法で使用しているときに、Googleマップを消して他のアプリを使ったりしますと、その後使用できなくなる場合があります。

リルートはしてくれない

ルート案内から外れてしまった時に、オフラインではリルートを案内してくれません。すぐに元のルートに戻れば大丈夫ですが、ルート案内から外れすぎますと中断される場合があります。


ルート案内が中断された場合の対処方法

便利な世の中になった現在、街のいたるところに無料の Wi-Fiスポットがあります。代表的な場所はコンビニエンスストアでしょう。その他にも公共施設やショッピングセンター、カフェなどの飲食店でも無料 Wi-Fiスポットはあります。

何らかの理由でルート案内が中断された場合や、目的地を変更したい場合などは、落ち着いて近くの無料 Wi-Fiスポットで、再度ルート案内を設定すれば大丈夫です。


まとめ

今回の裏ワザは、知っておくといざという時時に非常に便利です。

Wi-FiモデルiPadやiPod touchに、モバイルWi-Fiを組み合わせて使っている私は、時々モバイル Wi-Fiを忘れている場合があります‥そんな時には今回紹介した方法で、Googleマップをオフラインで使用しています。

非常に便利な裏ワザだと思いますので覚えておきましょう♪


コメント


認証コード4242

コメントは管理者の承認後に表示されます。